こんばんは。

この度、ボランティア団体
『ヒーマン&アニマル ネットワーク 』 さんの
ご協力で目に障害を持った子猫3匹に
光を当てていただきました。

保護責任者のグチ子でございます。
(強羅猫レスキューの猫の大家?です…)

我が家に来た時は保護されて二日後で
ミルクの飲む量も少なく
本当に小さな赤ちゃんでした。



4月から親子で保護してた母猫が授乳後期で
もしかしたらお世話してくれるかも…

淡い期待を持ってこの子猫3匹を迎えました。
(結果は… 母猫、見て見ぬふり。)

そこで母猫の心変わりを期待しつつ、
慣れないミルクやオシッコのお世話をしながら
数日を過ごしました。

その後、次々と保護猫が我が家に集まり、
ヒーマンのメンバーの未来ちゃんママの紹介で
現在、ベテランの預かりさんの元で
丁寧な手厚いお世話をしていただいてます。


本当にたくさんの方々にこの子猫3匹は
命のバトンを繋いでいただいております。

感謝、感謝でございます。

この子猫3匹は保護当時から
生きようと小さなお口で手で
懸命にミルクを飲もうとしてました。

保護当時とグチ子の家に来てから
二回、病院に行きましたが
目は残念な結果になりました。


でも子猫3匹は預かりさんの優しさと一緒に
日々、成長しています。

最新の写真です。
ひかり(仮)
image


あかり(仮)
image


のぞみ(仮)
image


グチ子、還暦を迎えてますます話が長くなって…
娘にイヤがられてます。
次回からは簡素化を心がけます。

たくさんの方々に感謝して
今日はこの辺で。
ありがとうございました。
それでは皆様、おやすみなさいませ。